忍者ブログ
ボチボチやってきます。 コメント大歓迎です。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
ポチッとお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ

息子の幼稚園で催された親子学級に行って来ました。

おとーさん、おかーさんと一緒に遊びましょう、って企画です。

まず始めは子供とセットで自己紹介、その際、子供の長所も言ってください、と。
言うんですよ、みんな。恥ずかしーよーなことを。
「内の子はホントは優しいんです。」とか「素直なんです」とか「元気な所ですっ!」とか。

うわっちゃ~、て感じです。身内の悪口しか言うことを許さない文化の中で育った私にとっては、恥ずかしすぎて拷問のような幕開けです。

次に、アンパンマンの手遊びをしたり、
(息子は、ひとフレーズ終わるたびに、こちらを向いて「おもしろいでしょ?」って感じで笑いかけてくれました。)

お歌を披露したり。
(この歌が「かたつむり」だったんですわ。今日まで練習をしてたんですよね、きっと。それで眠れない時に口ずさんでたんですね。もしかすると、内の息子は私に似ず、練習熱心な性格なのかもしれません。)


絵本で読んだことのあるクマの親子の真似をして、高い高いをしたり、
(いけませんね、若いお父さんに負けてはいかんと、老体に鞭打ち、先週の土日から休み無しの疲れた体で、無理して高く上げよう、高く上げようとしてしまうんですよね。
始めのうちこそキャッキャと喜んでいましたが、途中から「コワイ…」と言われてしまいました。無理するんぢゃなかった。)

お馬さんごっこをしたり
(内のバカ息子は、私の背中にまたがらずに、背中の上で立ち上がってロングボードのウォーキングみたいに背中を歩いておりました。
カメラを持った人が私達親子を狙っているのが見えました。(目立たないでくれ…、頼む…)
と思っても、こっちは四つん這いになってますので、「あぶないから、やめろ!」と、口で言うしかなく、パシャパシャ撮られてました。)

先生「さあ~次は、おとーさん、おかーさんに絵本を読んでもらおうかな~」
私「(案内に書いてあった、書いてあった。きっと、「ハイ!私が読まさせていただきます!」なんて、教育ママゴンの卵みたいな、おかーさんがいるんだろーな)」

先生「それぢゃあ、おとーさん、おかーさんに絵本を読んでもらいたいひとー!」
内の息子「はーーーい!!」(||゚Д゚)ガァァーーーン(゚Д゚||)
他の子「しーん…」

ぷぷっ、という失笑すら聞こえました。

私「(きたねー、質問の仕方がきたねーぞ、先生。内のバカ息子は、「○○したいひとー」と問いかけられれば、話の内容なんか理解せずに「はーい」と、大脳をとおらずに、脊髄反射で答えるようにできてるんでい!!

試しに、「おとーさん、おかーさんに読んでほしくないひとー」とやってみろ!!
内のバカ息子は、喜んで「はーーい!!」って同じように、元気に返事をするに決まってるんでい!!

そもそも、読む本人である、親の意思は、かんけーねーのかよ!!)」

と、ここまでを0.2秒で考えながら、

先生「は~い、それでは一番元気に答えてくれた、バカ息子君のおとーさん。この絵本を読んでくださ~い」
椅子を持ち出してきて、笑顔で私を手招きしています。
私「は・はい…」
読み聞かせにしては異様に小さな1冊の絵本を手渡しながら、先生は私の耳元へ口を寄せ、小さな声で言いました「授業が終わったら、この後二人で…」
なんて甘いセリフではありませんでした。
「かんたんな本ですから、読めますよ…」

私「Σ(`‐ェ‐´)ヵチーン!!!(バカ息子のおとーさんのバカとーちゃんでも、ひらがなぐらい読めるわ!!
読むのが嫌なんじゃない!しかし、読み聞かせの絵本にしちゃぁ小さすぎるだろ!(広げて20センチないくらい)最悪チョイスやぞ!
そもそも質問の仕方が、ひっかけ問題みたいで汚いやろ!!
そーだよ、結局、つまるところイヤなんだよ、読むのがイヤなのよヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!)」

と、ここまでを0.4秒で考えながら、
私「はい、頑張ります…」
とぼそぼそと。

読ませていただきました、死ぬ気で。
こんな私の読み聞かせでも、子供たちはバツグンの食いつきを見せてくれます。
むしろ家で読んでる時の息子よりも、ビンビン反応してくれました。

やって良かったなどとは毛頭、思いもよりませんが、この憤りの落とし所が見つかりません。
先生が悪いわけでもないし。

息子が膝の上で元気に「はーーーい!!」と返事をした時、前方に敵はいると思い込んでいた私が、背中から包丁で刺されたような衝撃を受け「びくっ!」と、してしまいました。

その瞬間、息子は困ったような表情をしたのです。
「え?ぼく何か悪いことした?」みたいな。

家に帰ってからは、息子を思いっきり褒めてやりました。

PR
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
ポチッとお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ
あっはっは(^^)うけた!
やりましたよ 僕も 読み聞かせを園児の前で。 その時は最悪と思いましたが今となっては本人以外誰も覚えてない思い出です。でも 保育士さんのささやき・・・に 一物いや一抹の期待をする悲しい中年のさが。勝手に国仲涼子(あるテレビドラマで演じていた記憶のすりこみ)の保育士姿を想像し羨ましいと思う悲しい中年のさが。どちらも悲哀ですね。ちなみに そんなにかわいい保育士さんは私の周りには存在しませんでした。
わんちゃん 2011-06-12 (Sun) 21:08 Edit
わんちゃんも!
やばいじゃん!
そーゆーことの積み重ねが、PTA役員への階段を登ることにつながるんだ、だから、そんな時は死んだふりをするか、シカトするにしかず、と上さんへ豪語していたんですよ。
わんちゃんもやったことがあるの?そんで役員でしょ?
やっぱ、役員への階段をワンステップ登っちゃったんじゃないの?
2011-06-13 (Mon) 05:32
トラップがいっぱい(思い出がいっぱい)
役員への階段のぼるきみはまだシンデレラさ~♪ 
役員はきっと誰かがやってくれると信じてるね~♪
甘かったと~何時の日か~思う時が来るのさ~♪
懐かしいH2Oの替え歌です。
内も姉さま同様母代までさせて頂き小学校、中学校も役員やらされ今のところ順調にステップを登ってます。おめでとう!レールに乗ったね!
わんちゃん 2011-06-13 (Mon) 23:05 Edit
やっぱ、そうなの?
上さんとは、此処を先途と話しておりました。
家に帰って第一声
私「本、読んでまった…」
上さん「さすが!お義姉さんの弟だねー。」
私「違うって…、理由は他にあるんだよ…」

姉の所も夫婦喧嘩になってるようです。
お義兄さん「そんなに役員を引き受けてこないでよ!」
姉「好きで引き受けてるんぢゃないわよ!あんたの目立つ名字が悪いんぢゃないの!!」

知ってか知らずか、上さんのママ友で姉貴を知ってる人がいるのです。
中学のPTA役員選挙投票。
全然悩まなかったらしいです。
「○○さん、○○さんは…、と。あ、あった、あった。ま~る、と。」
て、感じだったらしいです。

泣けて来ますよね。
うとてる場合とちゃいますよ、あなたも。
2011-06-14 (Tue) 04:49
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/13 わんちゃん]
[04/09 わんちゃん]
[04/07 わんちゃん]
[04/01 わんちゃん]
[03/30 わんちゃん]
最新トラックバック
人気ランキング
皆様のポチッとな、に支えられています。
カウンター
プロフィール
HN:
ポン太
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1967/06/08
職業:
海の研究者
趣味:
オオクワガタ・写真・家庭菜園・釣り
自己紹介:
一度きりの人生、いろいろ楽しみたいと思います。
ブログ内検索
広告です
アクセス解析
にほんブログ村
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Designed by