忍者ブログ
ボチボチやってきます。 コメント大歓迎です。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
ポチッとお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ
お盆の全員集合に備えて、前日からじーちゃんとこへお泊りしました。
姉貴のとこの三男坊「三ちゃん」も一緒にお泊りで、ポン太郎は大喜びでした。

私がガキンチョだった頃、寝る前に親父が怪談を聞かせてくれたことがあります。
豆電球も消して、真っ暗にして、姉弟3人が枕を並べて、親父の怪談を聞くのです。

恐かったなー。

親父は喋っている途中で、そっとどこかへ隠れるんです。

親父が隠れたことに真っ先に気付くのは、とーぜん姉貴です。

すると、姉貴も、すっと隠れるんです。

パニックになるのは、私と弟です。

今にして思えば、親父と姉貴は、月明かりを受けないように、暗い方へ隠れていたと思います。

半分パニクっている私は、親父と姉貴を探して、四つんばいで布団の上をウロウロします。

月明かりの中に、そんな私の影が浮かんだのでしょう。

充分にパニクっている弟は、そんな私の影に向かって
弟「いたーー!!」と飛びついてきます。至近距離から。

弟の自慢のでこっぱちが私の目に炸裂しました。

私は真っ暗闇の中をウロウロしていて、いきなり目にものすごい衝撃を受けるとともに、脳の視覚野が紫色の光を認識しました。

私と弟が悶え苦しむのを見て、親父と姉貴が笑い転げ、お袋が、笑う2人をたしなめてから、苦しむ2人をあやしてくれたのを覚えています。

三ちゃんとポン太郎にも親父の怪談を聞かせてやりたくて、親父と三ちゃんとポン太郎と私の4人が枕を並べて寝る時に、親父に怪談をお願いしました。

いつもなら私に寄り添ってくるポン太郎は、大好きな三ちゃんにぴったりと寄り添っていました。
かわいいですね、文句なしで。

私は「(あれ?昔の親父の怪談の方が、もっとリアルで、もっと恐かったけどなー。)」と思いながら、寝入ってしまったようです。
とても幸せな瞬間でした。

翌日、三ちゃんに聞いたら、私が一番最初にいびきをかき始め、次がK太だったそうです。
幸せでしたから…(●´∀`●) たはは…
PR
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
ポチッとお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/13 わんちゃん]
[04/09 わんちゃん]
[04/07 わんちゃん]
[04/01 わんちゃん]
[03/30 わんちゃん]
最新トラックバック
人気ランキング
皆様のポチッとな、に支えられています。
カウンター
プロフィール
HN:
ポン太
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1967/06/08
職業:
海の研究者
趣味:
オオクワガタ・写真・家庭菜園・釣り
自己紹介:
一度きりの人生、いろいろ楽しみたいと思います。
ブログ内検索
広告です
アクセス解析
にほんブログ村
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]

Designed by